原説般若心経

第一章 原説般若心経
 般若心経(心行)
 まかはんにゃはらみたしんぎょう
 摩訶般若波羅蜜多心経の解題
 (経文解説)
 かんじざいぼさつ  ぎょうじんはんにゃはらみたじ
 観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時
 しょうけんごうんかいくう どいっさいくやく しゃりし
 照見五蘊皆空 度一切苦厄 舍利子
 しきふいくう くうふいしき しきそくぜくう くうそくぜしき
 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色
 じゅそうぎょうしき やくぶにょぜ しゃりし
 受想行識 亦復如是 舍利子
 ぜしょほうくうそう ふしょうふめつ ふくふじょう ふぞうふげん
 是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減
 ぜこくうちゅうむしき むじゅそうぎょうしき むげんにびぜっしんい
 是故空中無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意
 むしきしょうこうみそくほう むげんかい ないしむいしきかい
 無色声香味触法 無眼界 乃至無意識界
 むむみょう やくむむみょうじん ないしむろうし やくむろうしじん
 無無明 亦無無明尽 乃至無老死 亦無老死尽
 むくしゅうめつどう むちやくむとく いむしょとくこ ぼだいさった
 無苦集滅道 無智亦無得 以無所得故  菩提薩埵
 えはんにゃはらみったこ しんむけいげ むけいげこ
 依般若波羅蜜多故 心無罣礙 無罣礙故
 むうくふ おんりいっさいてんどうむそう くきょうねはん
 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃
 さんぜしょぶつ えはんにゃはらみたこ
 三世諸仏 依般若波羅蜜多故
 とくあのくたらさんみゃくさんぼだい こちはんにゃはらみた
 得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多
 ぜだいじんしゅ ぜだいみょうしゅ ぜむじょうしゅ ぜむとうどうしゅ
 是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪
 のうじょいっさいく しんじつふこ こせつはんにゃはらみたしゅ
 能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪
 そくせつしゅわつ ぎゃていぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい
 即説呪曰 羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦
 ぼうじそわか はんにゃしんきょう
 菩提薩婆訶 般若心経

第二章 宗教と科学
 心と意識(魂)とはどういうものであるか
 物質とエネルギー
 心は丸いものである
 仏像の後光――心の形
 記憶の倉庫ではない頭脳
 宗教と科学は別のものではない

第三章 釈迦の誕生とバラモンの時代
           パニヤーパラーミター
 原始仏教の成立(般若波羅蜜多への道)
  遂に出家の道へ――道ははるかに
  肉体行を捨てる―― 新しい在り方への眼覚め
  大悟への道に入る――正しい基準への問い
  悪霊との闘い――幼年時代の反省
  青春時代への反省――四季の館は遠く
  実在の世界か――淡い黄金色の心の世界をかい間見る
  自己追求――梵天に化けてきた悪魔
  遂に悟りを開く――眼下に展がる大パノラマ
  天上界の人々と語る――調和への二十一日間
  この道を誰に説くか――旅へ
  現代人にもその力がある
  アラハンへの導き――五人との再会
  ウルヴェラ・カシャパーとの対決――ブッタを食わなかった大蛇
  三つの約束――帰依への法則
  ブッタ・スートラ(悟りへの教え)
  最後の弟子――百十七歳のシヴリダ
  真の仏教とは――八正道の実践

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です