悪霊Ⅱ 心がつくる恐怖の世界

第一章 他力信仰の恐怖
 原点にかえれ
   (その一)
 人の業を背負う
 白狐の執念
 稲荷大明神
 新しい門出
   (その二)
 夜明観音
 首吊り自殺
 南無阿彌陀佛の由来

第二章 日本のエクソシスト
 妖怪変化
 意識不明になった教祖
 他人の業
 玄耳女の怪
 尼僧の決死行
 不動明王

第三章 コックリさん
 霊現象の諸相
 油揚げ三枚
 イエスの使い
 賭博好きの地獄霊

第四章 被害妄想に憑かれた女
 エゴに陥るな
 犬の小便
 江戸時代の地縛霊
 不運から抜け出す

第五章 クモの巣にかかった昆虫
 無常の風
 怒り出す生き神様
 盲信の恐ろしさ
 地獄に真一文字
 
第六章 血の池地獄の拷問
 情欲の行き着く先
 死を覚悟の上京
 悲運に泣く母娘
 麻織姫の怨霊
 狂った光子
 苦悶の日々
 血の池地獄の拷問

第七章 さまよう魂
 各自の反省材料に
 中風にかかった父子
 力の世界にさまよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です