ひとつの悟り

高橋信次 /

悟りというと宇宙即我の体現のように思われている

事実それにちがいない

しかし 悟りの本来の姿は

自分のひとつひとつの心の歪みを修正することであり

これへの精進につきるのである

それゆえ

その毎日の日常生活において

自分が気づいた欠点を正し

その正した事柄が

無理なく

自然に行えるようにすべきである

悟りというものは

自分の欠点を修正し

その修正した事柄が

無理なく

行じられたときにいえる言葉なのである

そうして

ひとつの悟りは

大きな悟りを導くカギを握っている

正しく見ることが出来れば

正しく思うことも

語ることも

自然に整ってくるものである

決して忘れてはならない

身近な

現実の

自分の想念と行為について

ひとつでもいい

悟るように心がけよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です