幸福者

高橋信次 /

多くのものを持つ者と持たざる者

そのどちらが幸せであろう

持つ者か

それとも持たざる者であろうか

もしも多くを持つ者が

それを失うまいとし

持たざる者が

それを欲するとすれば

そのいずれも不幸である

一日の食糧は数片のパンで十分だし

居住の空間は

数平方メートルで足りるからである

物の多少に

幸 不幸があると考える人は

幸せにはなれない

なぜなら

自分を含めて

あらゆる物質は

やがて大地や大気に還元され

自分のもとから離れてしまうからだ

幸せな人とは

失うもののない人をいう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です