想念帯の記録

高橋信次

想念帯そのものも意識の一部であり、エネルギーから成り立っていますが、ここは潜在意識と表面意識がまざり合った世界です。

ここには、各人の過去世、前世、あの世での生活の記録と、現象界、つまり後天的経験の一切が記録集積されています。このため、人それぞれの先天的、後天的記録を調べる場合は、この想念帯を見ると一目瞭然です。

それは、何年何月何日、Aという人は、どこで、なにをしたか、極端にいうなら、その日、一日のその人の全経験、考えたことまで分かります。嘘がいえないとは、ここでもいえるわけです。

現在肉体を持っている上々段階光の天使は、各人の想念帯の記録を一瞬のうちに読みとることができます。各人が昨夜見た夢まで当てます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です