とらわれ

高橋信次 /

執着の心がある間は

人間の苦しみ 悲しみは消えることがない

執着とは「もの」にとらわれ こだわることだ

とらわれの原因は生老病死であり

それは五官六根を通してつくられる

執着から離れたいと願うなら

まずものを正しく見ることからはじめよ

正しく見るためには

自己の立場を離れ

客観的な眼を養え

すると「もの」の実相が明らかとなり

とらわれの心から解脱するようになる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です