転生輪廻

高橋信次 /

人の魂は転生輪廻という神仏の計らいから

一歩も外に出ることはない

なぜかというと

人は神仏の子であり

神仏自身であるからだ

神仏は無限の進化をめざし

無限の調和を目的としている

人の転生は

この目的のもとに永遠に続いてゆくものである

人がもし

この意に反し

恣意を求め

自我に身をおけば

その人は

その分量だけ償いの労をとらなくてはならない

物質もまた輪廻をくりかえす

集中分散という過程を通して

そのエネルギーは永遠の活動をつづけている

その活動の目的は

生命の転生輪廻を助け

あるいは媒体としての役割を果たしている

生命も物質も

このようにして

転生輪廻という神仏の法の下に

神仏の目的を果たすために

生かされ

生きている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です