心の指針 苦楽の原点は心にある

第一章 間違った信仰
 心と大自然
 ある地獄界への旅
 後光(オーラ)と憑依
 間違った信仰(その一)
 間違った信仰(その二)
 間違った信仰(その三)
 親と子の愛

第二章 八正道と中道
 八正道――その意味と解釈
 八正道こそ中道の道
 正見(正しく見ること)
 正思(正しく思うこと)
 正語(正しく語ること)
 正業(正しく仕事をすること)
 正命(正しく生活すること)
 正進(正しく道に精進すること)
 正念(正しく念ずること)
 正定(正しく定に入ること)
 八正道は行ずること

第三章 人間の精神構造とその機能
 心の実相
 既成観念を白紙に
 精神
 90%の潜在意識
 想念帯
 10%の表面意識
 自己保存、黒い想念
 現象界に肉体を持っている上々段階光の天使
 
第四章 神理問答集
 病気
 十字架
 死者の霊
 他力本願
 本能と欲望
 信仰と貧しさ
 煩悩即菩提
 死について
 念と執着
 精神活動
 運命と自由
 業
 易、占い
 自殺
 生命の仕組み
 他力と自力
 騙す
 ウソと方便
 念力と祈り
 自由とは

第五章 祈りの意義と祈願文
 天と地のかけ橋
 祈願文
 祈りは行為
 諸天善神の加護
 守護・指導霊の祈り
 自然への感謝
 先祖に対する感謝
 神仏との対話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です