心の発見 現証編

第一章 目覚めへの道程
 故郷の山河――少年時代の思い出
 不思議な現象――ある病のとき
 疑問を追求する――佐久の星空の下で
 心の遍歴――魂と物質のはざまを

第二章 霊的現象
 霊的現象起こる――奇跡の炎
 守護霊という仕組み
  ワン・ツー・スリーの出現
 九月十八日――妹に出た観世音菩薩
 神理の記録をつづる
 フワン・シン・フワイ・シンフォー
  過去世と現世
 内から外辺へ――実在界とのつながり

第三章 悪 霊
 過去世の姿――転生輪廻の人々
 地獄界の実態――心の世界の段階
 神の教え――悪霊との対話
 仏教は学問ではない――浅草のビルを開放
 神はなぜ悪人を造るか

第四章 憑依霊と中道
 文証・理証・現証を内在する正法
 ダーウィンの進化論について
 感謝と報恩――青年との問答
 先祖供養の利益はあるか
 憑依霊現わる――H・Kの苦悩
 阿羅漢の境地とは――修行の過程
 霊媒・口よせはなぜできるか

第五章 医学と現象
 神はなぜ心身障害者を造ったか
 憑依霊と病い――現代医学との空間
 他力信仰と自力――念仏三昧で救われるか
 白蛇との対決――浄霊をするという人

第六章 生命の秘密
 現代医学で生命の秘密が解けるか
 病気と現象――四十九歳の婦人の場合
 白狐の次は魔王――婦人に再び憑依霊
 宗教と科学は相反するか
 欠点の修正方法について

第七章 縁生の舟はゆく
 死によって宇宙生命と同化するか
 仏陀は輪廻から解脱しているか
 出流山における研修
 大阪のZ会教団の人々―迷えるそのあとで
 Z会教団のなかで――現象の実験

  (資料)
 転生輪廻の実証
  N・T子さんの転生輪廻(1)
 N・Kさんの転生輪廻
 N・T子さんの転生輪廻(2)
 I・M子さんの転生輪廻
 あ と が き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です