精進

高橋信次

心が正法の悟りを得るためには、いかなる難事でもなし遂げ、良く忍び、施しがたいものでも良く施すこと。善行を施してもその報いを求めることなく、己にきびしく、他人に寛大な心を常に持ち続け、心に道を求め、精進を続けることである。そうすれば必ず人生の目的に達することができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です