花の精

高橋信次

私達の心の窓が開かれ、霊道が開かれたときに、ほとんどの精と語り、大自然の仕組み、万象万物の相互関係を話すことができるようになって行くのである。

花の精でも、「藤」は可愛い青い眼をした少年の姿をしている。「松の木」は老人が多い。

また「蝶」にも「魚」にも同様に魂がある。彼らも不滅の魂であり、あの世とこの世との転生輪廻を続けているのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です