心の発見 神理編

第一章 出・魂之記

疑問への探求
精神の問題に関して
私の中の“もう一人の人間”
信仰への道
少年の信仰
霊感の現出
心中の魔王
霊的現象起こる
“光”について
ワン・ツー・スリー 私の指導霊
苦悩と自己反省から悟りへ

第二章 転生の葦
過去世の世界
指導霊・守護霊の各像
守護霊の諸像Ⅰ
守護霊の諸像Ⅱ
転生輪廻
肉親の外辺へ
縁生の舟

第三章 神の光と八正道
霊的現象論
調和からの透視
霊的心眼
霊 聴
霊 夢
夢枕・霊視・光子体
植物の精
神理論
色心不二の教え
不調和な原因とは
過去より重要な現世
宗教は阿片
反 省
八正道
正 見
正 語
正 思
正 業
正 命
正 進
正 念
正 定

第四章 聖霊と悪霊
意識の種々相
神理と科学
不思議ではない過去世の記憶
仏教による証明―生命不変の神理―
過去世とは
意識―変化しない真実の自己―
悪 霊
地縛霊・浮遊霊
憑依霊
生物の憑依霊
あとがき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です