環境

高橋信次

本来なら、与えられた環境において正道を実践して、悟りの境地に到達しなくてはならないはずだ。しかし、カピラ・ヴァーストのような、あらゆる不調和な環境では、それはおそらく不可能なことだった。

とり巻きの女達や、王子としての地位、他国との関係・・・考えれば考えるほど、両極の道を歩まねばならなかっただろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です